第4回:価値観の違いを理解する

ビジネスにおける異文化コミュニケーションを円滑にするために、覚えておいたら便利なフレーズを前回までお伝えしました。
ただ、本当の意味での理解を考えると、全ての場合にフィットする適切な表現はあり得ないのです。文化の違いは異なる価値観から生まれることを理解し、そのような違いに行動やコミュニケーションを合わせる方法を学ぶ必要があります。そうすれば、今まで経験のない状況においても、効果的テクニックを向上させることは可能です。

ビジネスを成功させるためには、お互いの信頼に基づく人間関係が重要であることは誰もが理解しています。しかし、日本人が相手から信頼を得るためにどう行動するかは、他の文化とは少し違っています。たとえば、日本人は契約書にサインをする前に、背景になっていることや相手の期待といったことも含め、全てを理解するまで細かい質問をします。日本人は曖昧さを嫌い、行動を起こす前に状況が明確になるまで待とうとするのです。

米国人はそうした細かい質問に対してストレスを感じます。「なぜ日本人は求めることを直ちにしてくれないのか?」って。米国人にとっての仕事というのは、自主的に彼らの判断で行動したうえで、率直かつ直接に議論することによって、おたがいの前提や期待の違いを調整すればいいことなのです。米国人はスピーディーに行動し決定することに高い価値観をおいています。

このような時に、日本人は、2~3の重要な質問だけにとどめるべきでしょう。そして、細かい事柄については自分で判断する癖をつける必要があります。米国人のほうは、何かを要求する際には、何が重要な目標であるのか、なにが重要ではないのかを明らかにして、日本人が優先順位をつけられるようにすればいいのです。

こうした価値観の違いは、異文化関連の出版、人材教育サービスの会社であるCultural Detective®(www.culturaldetective.com)の教材の中に事例としてわかりやすく紹介されています。
その中の一つのケースを紹介しましょう。ドイツ人のカップルが東京で日本人の大家さんから部屋を借りたときの話です。その大家さんは、よかれと思ってその部屋の修繕について積極的に動きました。ただし、自分の都合で物事を進め、時には約束もしないで彼らの部屋に入ることさえありました。
こうした行動は気まずい状況に発展し、二人は引っ越しまで考えるようになりました。

Cultural Detective®の教材では、日本人は義理と誠実な努力に価値観をおく傾向にあり、ドイツ人はプライバシーと、計画と行動についての直接かつ明確なコミュニケーションを重視する、と述べています。今回の場合は、第三者、つまり不動産屋さんなどが間に入り、双方の価値観の違いを理解できるように説明すれば、結果的に双方が謝罪し、妥協点を見いだすことで引っ越さずに済み可能性があります。

こうした事例を用いながらの研修は、社内での異文化理解を深め、社員のスキルを高めるために非常に有用です。

日本人には理解できないこともたくさんの価値観があります。もちろん国籍、人種、言語だけの問題でなく、個人個人でも価値観は異なります。大切なのは価値観を認め合うことではないでしょうか。


----------------------
While you can become more effective in cross-cultural communication in business by memorizing specific phrases like we introduced last month, it is impossible to learn an appropriate phrase for every situation. By understanding that cultural differences arise from the differences in the values emphasized in different cultures and learning how to adjust your communication and actions to those differences, you can improvise an effective strategy in most cross-cultural situations even if you haven't practiced it before.

For example, while everyone agrees that a relationship based on trust and confidence in each party is important for successful business, the way people in Japan act when they are trying to show they deserve the other person's confidence or trust varies somewhat from other cultures. A Japanese person, for example, might ask many detailed questions before carrying out an assignment, to make absolutely sure of all the background and the expectations of the other party. Japanese people like to avoid uncertainty and often wait until everything is clear before acting.

An American on the other hand might be frustrated by all those questions-why doesn't the Japanese person just do what I asked, they think. The American expects that good workers will act independently and use their own judgment, and that frank and direct discussion later can help fix any differing assumptions or expectations. Americans place a high value on speedy action and decisions.

So maybe the Japanese person in this situation should just ask a few very important questions and learn to try to make judgments about smaller matters on his or her own. The American might learn to provide a little guidance when making a request, indicating the main goals and what aspects might be of less interest, to help the Japanese person set priorities.

These kinds of differences in values are well illustrated in the cross-cultural cases offered by Cultural Detective, a cross-cultural publishing and training company. (www.culturaldetective.com). In one of their cases, a German couple rents an apartment in Tokyo from a Japanese landlord. The landlord tries to be helpful by proactively fixing and improving things in the apartment. However the landlord does this according to his own schedule and sometimes enters the couple's apartment without an appointment. This leads to a mutually embarrassing incident and causes the couple to consider moving.

The case notes by Cultural Detective point out that Japanese tend to value obligation and sincere effort, while Germans place high value on privacy and direct, explicit communication about one' s plans and actions. They suggest that a third party, such as the real estate agent, can perhaps help both sides understand these differences, and that both sides could apologize and try to find common ground, to avoid ending the landlord-tenant relationship.

Training session using such cases can be quite helpful for companies trying to develop cross-cultural awareness and skills among their staff.
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asca-co.com/mt/mt-tb.cgi/178

コメントする